会社設立するなら泉谷総合事務所

540-0012 大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル2F
Tel:06-6910-2288  FAX:06-6910-2289office@office-izutani.com

会社設立手順2【定款の作成】

必要事項が決まったら、定款を作成し公証人に認証を受けます。

定款とは、その会社の組織や運営の仕方等の会社の基本的ルールを定めた書類のこと、です。

その会社の定款を見れば、会社の商号や事業内容、資本金はいくらで誰が出資しているのか、本店所在地はどこかなどが分かる、重要書類になります。すべての会社は、設立するときに定款を作成しなければなりません。

定款に記載する項目

定款に記載する項目には、

・必ず記載しておかなければならない事項=絶対的記載事項

・記載しておかないとその効力が生じない事項=相対的記載事項、

・定款に記載しておくかどうか自由な事項=任意的記載事項

の3つがあります。

絶対的記載事項(必ず記載)

・商号

・事業目的

・本店所在地

・設立に際して出資される財産及びその最低額

・発起人の氏名及び住所

相対的記載事項(記載しないと効力が生じない)

・株式の譲渡制限の定め

・種類株式の制限の定め

・非公開会社の取締役、監査役及び執行役を株主に限る定め

・現物出資の定め

 任意的記載事項(記載してもしなくて)

 ・事業年度に関する規定

・定時株主総会の開催の時期

・役員の人数

・公告の方法

 

定款の記載例

定款の記載方法は、設立使用とする会社によって変わってきます。どんな会社でも使えるようなフォーマットはありません。

日本公証人連合会のホームページには、事業規模別の定款記載例が掲載されていますので、参考にしながら作成すると良いでしょう。

 【日本公証人連合会定款記載例】

Ⅰ 定款記載例(中小会社1)
   小規模会社(非公開,取締役1名,監査役・会計参与非設置)

 Ⅱ 定款記載例(中小会社2)
   小規模会社(非公開,取締役2名以上,取締役会非設置,監査役非設置,会計参与設置会社)

 Ⅲ 定款記載例(中小会社3)
   中規模会社(非公開,取締役3名以上,取締役会設置会社,監査役設置会社)

 Ⅳ 定款記載例(大会社)
   大会社(公開会社,取締役会設置,監査役会設置、会計監査人設置,委員会非設置会社)

設立の流れ3【定款の認証】へ ⇒⇒