会社設立するなら泉谷総合事務所

540-0012 大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル2F
Tel:06-6910-2288  FAX:06-6910-2289office@office-izutani.com

会社設立手順3【定款の認証】

作成した定款は、公証人に定款を認証してもらう必要があります。
公証人は、公証役場において(1) 公正証書の作成、(2) 私署証書や会社等の定款に対する認証の付与、(3) 私署証書に対する確定日付の付与などを行っています。

この公証人に、定款の内容が適法に作成されていることを認めてもらうわけです。

公証役場は全国にありますので、本店の所在地を管轄する公証役場を探して決めましょう。管轄内であればどこでも構いません。

全国公証役場所在地一覧(日本公証人連合会ホームページ)

定款認証の費用

定款認証にかかる次のような費用が必要になります。

・収入印紙代 40,000円(電子認証の場合は不要)

・認証手数料 50,000円

・謄本交付料   2,000円

  合計         92,000円

公証役場に持参するもの

公証役場には、次のものを持参します。定款の認証は、原則、発起人全員が公証役場に行くことになっていますが、代理人を立てることも可能です。全員が揃わない場合は、発起人の1人を代理人として、委任状を作成しましょう。

・定款 3通

・発起人全員の印鑑証明書

・発起人または代理人の印鑑

・委任状(代理人がいく場合)

上記資料と金額を用意し、定款の内容が問題ないと確認されれば定款の認証は完了です。

設立の流れ4【出資金の払込】へ ⇒⇒