会社設立するなら泉谷総合事務所

540-0012 大阪市中央区谷町1-7-4 MF天満橋ビル2F
Tel:06-6910-2288  FAX:06-6910-2289office@office-izutani.com

会社設立手順6【開業届出】

登記が完了して、ホッと一息つきたいところですが、まだもう少し手続きが残っています。役所に届出に開業や事業所設置の届出をする必要があるのです。

税務署への届出

国税の課税の基礎となる様々な届け出の為に、本店所在地を所轄する税務署に提出しなければなりません。税務署に出す必要書類はこちらです。

・法人設立届出書

 会社を設立したということを税務署に知らせる書類

・青色申告承認申請書

 法人税の申告・納税について申請するための書類。

・給与支払事務所等の開設届出書

 会社が従業員等に支払う給与から源泉徴収を行う際に、必ず提出しなければならない書類

・源泉所得税の納期の特例の承認に関する届出書

 従業員9名以下の会社の場合、この書類を提出すれば、本来毎月行う源泉所得税の納付を半年分まとめて、年2回にすることができる。

・減価償却資産の償却方法の届出書

 減価償却を行う場合、「定額法」か「定率法」のどちらの計算方法を選択するかを届け出る際に用いる。

・棚卸資産の評価方法の届出書

 商品を仕入れて販売するような事業で、棚卸資産がある場合は、その棚卸資産の評価方法を選択し届け出ます。

※届出書類の様式は国税庁のホームページ税務手続の案内からダウンロードできます。

 

都道府県税事務所、市区町村役場への届出

都道府県税事務所には、住民税(都道府県民税)と事業税、市区町村役場には、住民税(市町民税)の届出を行うための書類を提出します。どちらも法人設立届を提出するのですが、各自治体によって、様式や名称が若干異なる場合もあります。各自治体のホームページにて事前にチェックしましょう。

 

社会保険の手続き

社会保険(健康保険や厚生年金)への加入の届出です。必要提出書類を管轄の社会保険事務所に提出する事になります。

 ・健康保険・厚生年金保険 新規適用届

 ・新規適用事業所現況書

 ・被保険者資格取得届

 ・被扶養(異動)届

 ・国民年金第3号被保険者の届出

 

労働保険の手続き

従業員を1人でも雇い入れる場合は、労働保険(労災保険・雇用保険)の適用事業所となりますので、加入手続きが必要になります。

【労災保険】

 ・労働保険関係成立届

 ・労働保険概算保険料申告書

【雇用保険】

 ・雇用保険適用事業設置届

 ・雇用保険被保険者資格取得届


以上で、会社設立の手続きは完了です。

但し、事業の立ち上げには、この他にも、会社の銀行口座を開設したり、取引先に開業の案内を出したりと、まだまだやらなければ、いけないことがたくさんあります。

ここからがスタートです。頑張りましょう!

株式会社設立の流れ(フロー図)に戻る ⇒⇒